1. 給与計算代行サービス
  2. 給与計算の基礎知識
  3. 給与計算業務とは

給与計算業務の基礎知識

給与計算業務とは

 給与計算業務とは、各従業員の給与の総支給額を計算して、そこから社会保険料、労働保険料、住民税、所得税などを控除し、毎月支払われる給与や賞与の支給額を決定する業務です。

差引支給額/月=給与支給項目-控除項目

給与支給項目とは

固定的給与
・基本給 ・役職手当 ・資格手当 ・住宅手当 ・通勤手当 ・家族手当 など

変動的給与
・時間外手当 ・休日勤務手当 ・深夜勤務手当 など

控除項目とは

法定控除
・健康保険料 ・住民税 ・源泉所得税 ・雇用保険料
・介護保険料 ・厚生年金保険料

協定控除
・従業員持ち株 ・財形貯蓄預金 ・社宅家賃など

 給与計算はルールに基づき従業員に正しく給与を支給し、控除した社会保険料、住民税、所得税などを従業員に代わり会社が各官公署に税金や保険料として納付する大切な業務です。そのため、作業ミスなどがあると従業員から会社への信用が失われるだけでなく、深刻な場合には労働基準監督署から是正勧告を受けるケースもあり、慎重に行わなければなりません。

給与計算のご相談はこちらから