1. 給与計算代行サービス
  2. 給与計算の基礎知識
  3. 賃金とは

給与計算業務の基礎知識

賃金とは

 労働基準法第11条では、「この法律で賃金とは、賃金、給与、手当、賞与その他の名称の如何を問わず、労働の対象として使用者が労働者に対して支払うすべてのものをいう」と定めています。

 労働者が労働を提供したことによる会社からの給与の支払いは、給料、賞与、家族手当などの名称にかかわらず給与として扱われます。

 一方で、使用者から恩恵的、任意的に支払われるご祝儀、出張旅費などの実費弁証的なもの、さらに、社外積み立ての退職金、顧客から直接支払われるチップなど会社が従業員に対して支払うものではないものについては賃金に含まれません。

●賃金となるもの
・基本給、賞与、決算手当(年4回以上支給されるもの)残業手当、家族手当、通勤手当、住宅手当、宿直手当、皆勤手当、勤務手当など
・会社が任意的・恩恵的に支払う退職金、死亡弔慰金などで支給条件が就業規則などで定められているもの
・チップなどであっても一度会社に入りその後に従業員に支払われるもの
・通勤手当、定期券、食券、社宅、勤務服でない被服など現物で支給されるもの
●賃金とならないもの
・結婚祝金、病気見舞金、災害見舞金、退職金、解雇予告手当、出張旅費、交際費、賞与や決算手当(年3回以下支給されるもの)
・会社が任意的・恩恵的に支払う退職金、死亡弔慰金などで支給条件が明確に定められていないもの
・チップなどで会社を通さずに顧客から直接従業員に支払われるもの
・食事(価額の3分の2以上を本人が支払うもの)、制服や作業着、会社が毎月支払う生命保険料など
給与計算のご相談はこちらから