1. 給与計算代行サービス
  2. 給与計算前のルール確認
  3. 就業規則の確認

給与計算業務の基礎知識

就業規則の確認

 就業規則とは、会社と従業員の間の約束事、自社の従業員が働くときの労働条件やルールなどを定めた会社のルールブックです。労働基準法第89条では、「常時10人以上の従業員を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない」とされています。10人未満の場合には作成や届け出の義務はありませんが労使トラブルなどを抑止することができますので余力があれば作成しておくことをお勧めします。

 また、就業規則の内容は「絶対的必要記載事項」と「相対的必要記載事項」の2つに分かれ、前者は必ず記載しなければならない事項で、後者は規定するかどうかは自由ですが規定したのであれば必ず記載しなければならない事項です。

絶対的記載事項

・始業と就業の時刻
・休憩時間、休日と休暇
・交代勤務の就業時転換の事項
・賃金の決定、計算および支払いの方法
・賃金の締切日および支払いの時期
・昇給に関する事項
・退職に関する事項 など

相対的記載事項

・退職金の決定と計算および支払いの方法
・賞与に関する事項
・最低賃金に関する事項
・食費、作業用品などの負担に関する事項
・表彰および制裁に関する事項

 給与計算はルールに基づき従業員に正しく給与を支給し、控除した社会保険料、住民税、所得税などを従業員に代わり会社が各官公署に税金や保険料として納付する大切な業務です。そのため、作業ミスなどがあると従業員から会社への信用が失われるだけでなく、深刻な場合には労働基準監督署から是正勧告を受けるケースもあり、慎重に行わなければなりません。

給与計算のご相談はこちらから