1. 給与計算代行サービス
  2. 労働時間の集計
  3. 休日とは

給与計算業務の基礎知識

休日とは

 休日とは、その日は仕事に就く必要がないと定められている日の事であり、法定休日と所定休日の2種類があります。


1.法定休日

 労働基準法第35条では「毎週少なくとも1回、あるいは4週を通じて4日以上与えなければならない」とされています。法定休日は必ず与えられなければならず、業務の都合により労働させた場合には、35%の割増賃金を支払わなければなりません。


2.所定休日

 会社の就業規則などで定める夏季休暇、年末年始休暇、国民の祝日などを所定休日といい、法定休日に加える休日のことを指します。これは労働基準法の最低基準を超えて付与する休日であり、休日勤務手当の支払いは不要となります。とはいえ、所定労働時間の40時間を超えた時間は時間外勤務手当が発生し、25%以上の割増賃金の支払いが必要となります。

 また、振替休日と代休は似た意味の言葉ですが、給与計算においては大きく意味が異なります。 振替休日とは、休日にどうしても労働する必要がある場合に、あらかじめ休日と定められた日を労働日とし、その代わりに他の労働日を休日とすることです。休日が労働日となり、指定された本来の労働日が休日となるため、割増賃金を支払う必要はなくなります。ただし、休日の振替を行うためには次のような点に注意しなければなりません。

  • 就業規則などに振替休日の規定を設ける。
  • 振替実施日の少なくとも前日までに、振替日を特定し、従業員に通知する。
  • 振替日は4週間の範囲内とする。
  • 4週4日以上の休日が確保されていること。

 一方、代休とは法定休日に労働させた場合に、その代償措置として通常の勤務日に休ませることです。この場合は使用者が業務の閑散時期を選んで日にちを指定したり、従業員の指定する時期に与えるものであり、事前の手続きはなく休日労働となり割増賃金が発生します。

給与計算のご相談はこちらから