1. 給与計算代行サービス
  2. 年末調整
  3. 扶養控除等申告書

給与計算業務の基礎知識

扶養控除等申告書

 「給与所得者の扶養控除申告書」は毎年1月に提出を受ける資料ですが、12月までに扶養親族等に変更があった場合には税額も変更となるため、年末調整前に提出を受けるケースが多くあります。この提出に基づいて配偶者控除、扶養控除、障害者控除、寡夫控除、寡婦控除、勤学生控除、基礎控除などが確定されます。

 主にチェックする箇所は以下の通りです。

1.本人欄

・氏名、生年月日、続柄が正しいか

2.住所

1月1日現在の住所地の市区町村へ「給与支払い報告書」を送付します

3.配偶者/扶養親族控除所

・所得の額が38万円を超えていないか
 (給与収入が103万円を超えると控除対象にはなれません。)
・マイナンバーの記載があるかどうか

4.障害者等所

・障害者などの各種控除が受けられるかどうか

5.寡婦・寡夫控除

・所得要件や扶養親族等

給与計算のご相談はこちらから