1. 給与計算代行サービス
  2. 年末調整
  3. 配偶者特別控除申告書

給与計算業務の基礎知識

配偶者特別控除申告書

 配偶者特別控除とは、年末調整をする従業員と生計を一とする配偶者がいる場合、その配偶者の所得が38万円以下であれば「配偶者控除」となり、38万円超~76万円未満は「配偶者特別控除」を受けることができます。この適用を受けるための申告書が「配偶者特別控除申告書」ですが、これは「保険料控除申告書」と兼用のものとなっています。

 1.年末調整をうける従業員の合計所得金額が1000万円以下であること。

 2.配偶者の要件を満たしていること
  ・従業員と生計を一にすること
  ・年間の合計所得金額が38万円超~76万円未満であること
   (給与収入の場合だと103万円超~141万円以下)
  ・他の所得者の扶養親族になっていないこと
  ・青色申告をしている個人事業主の専従者として給与支払いをうけていないこと
  ・白色申告している個人事業主の事業専従者でないこと

給与計算のご相談はこちらから