年末調整後の事務は

給与計算業務の基礎知識
給与計算代行サービス > 年末調整 > 年末調整後の事務は

年末調整後の事務

1.源泉所得税の納付

 「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(納付書)」によって、翌年1月10日までに納付します。


2.源泉徴収票と給与支払報告書の作成

 本年中に支払った給与について必要事項を記載した源泉徴収票を作成します。これは4枚つづりで、2枚が給与所得の源泉徴収票、もう2枚が給与支払報告書となっています。


3.給与支払報告書の作成

 給与支払報告書を各従業員の居住する市区町村に毎年1月31日までに提出します。これを受け取った市区町村は住民税額を計算することとなります。その際には各従業員の給与支払報告書を市区町村ごとにまとめて「給与支払報告書(総括表)」を作成して一緒に送ります。

給与計算アウトソーシングのお問い合わせ

サービス

事務所概要

給与計算のアウトソーシング

給与計算の基礎知識

1.給与計算の基礎知識

2.ルールの確認

3.労働時間の集計

4.支給項目

5.控除項目

6.年末調整

関連サイト

人事総務レポート

iso27001
情報セキュリティ基本方針